40代になる自分自身の取扱説明書を知った

若いころは好奇心が旺盛で人が何かにはまったりすると真似してみることが多くありました。
自分自身にあうものなのかどうかを見極めることなく、「流行っているから」「みんながやっているから」ということに流されていたことも多かったでしょう。
体力と気力ともにたくさんあったのでエネルギーが満ち溢れていたのです。
しかし、40代になると体力が愕然と落ちてきます。
どこに行っても、好きなことをしていても疲れてしまうので必然的に気力まで低下してくるのです。
「何が好きなのか、嫌いなのか」ということもはっきりしてきたので気が向かない誘いにはいかなくなりました。
結婚して子供もいるので自分だけのための時間も限られていることもあるかもしれません。
子供の塾の送迎やクラブの保護者同士の付き合い、アルバイト、家事など一日が何時間あっても足りないような毎日なので、無理をすることなくお家でダラダラするのも悪くないと最近になって思うようになりました。http://www.foosquare.com/