4月から職場が変わり、通勤に2時間弱かかる。
朝何時に起きるの?通勤大変じゃない?と聞かれるけど、全然。
通勤する時間を有意義に使うために読書をしている。
そんななかで以前は小説が好きだったが、いまは断然ビジネス本。
堀江貴文氏(ホリエモンといった方が分かる?)の本をいくつか読ませていただいたが、ホリエモンって天才なんだとか、彼だからお金を稼げていると勝手に想像していたが、実はそうではなかった。
自分のやりたいことを即実行に移せるのが成功の秘訣なんだと数々の本から垣間知ることができた。
例えば、海外に行きたいと思うとしよう。多くの人は言葉がしゃべれるか自信がなくて喋れるようになってからだとかで躊躇してしまうが、言葉なんて現地に行ってリアルなものから学べばいいんだよね。
行った体験が次につながるわけで、いかなければ0のまま。
なにかを始めるのに準備なんていらない、すぐやれるだけの熱意があるかどうかだけだって気付かされた。

よし、海外行こ。

パワーの釣合いなどについて習得しました。ものに働く2つのパワーがつり合っているとき、ものは動きません(静止やる)。2パワーの釣合いの要素は、2パワーのがたいが等しいことと、2パワーの対象が反発ですことと、2パワーが同誠実上に動くことです。次は、攻撃についてだ。ごと面積(1�u)あたりに垂直に動くパワーのがたいを攻撃といいます。接触面積が少ないほど、攻撃は大きいです。次は、攻撃による各種事態についてだ。スキーの板は、スノーのあとをあるくには、スキーやかんじきで攻撃を小さくするともぐりません。靴は、スノーにめりこみます。次は、包丁だ。それほどといです包丁はよく切れます(攻撃が大きくなる)。次は、画びょうだ。大きな攻撃でさしこみます。水がものに添える攻撃を水圧といいます。水圧は10m強く達するごとに、100000Pa(約1気圧)ふえます。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので、とても勉強になりました。ミュゼ vio