自身はおこづかいwebでキーポイントを貯めるのが大好きです。アンケートに答えたり、戦いをするだけでキーポイントがたまるし、貯まったポイントはネットのショッピンフサイトの貰いもの券と交換してなくなるのです。こんな感じのおこづかいwebをいくつか登録して、朝のファミリーが終わった後にせっせとキーポイントギャラをしています。大抵1ヶ月で1500円ほどにしかならないのですが、このポイントでちよっとした物を貰う潤いにはまっている。

今回は貯まったポイントで子の靴を買うことにしました。ホームページで、キーポイント内で払える物を見つけ出しに探してやっと納得のいくものが見つかりました。子もモデルと色調が気に入ってくれたので迷わず続行を決めました。届いた靴は想定どおりの素敵なモデルではなはだ合格できました。またキーポイントギャラをせっせとして、なにか手に入れたいと思っています。少しの金額にしかならないのに、なぜこれ程キーポイントってたまると頼もしいんでしょうね!?私の毎月の楽しみです。

昨夜は「アメトーーク」を見ていました。
近畿田舎ではたえず夜更け真昼25分け前部分から始まるのですが、
この時期は高校生野球の番組が長いので真昼55分け前から始まりました。

昨晩の考え方は「夏場フェスアイドル」でした!
これは様々いいますという、夏場のBGM大会に再三参加しているらしき
芸能人やコメディアンが夏場フェスの見どころを存分におっしゃるという図案でした。
団員は明石家さんま氏の息子ですIMALU氏とかハライチの澤部氏、
フットボールアワーの岩尾氏、サバンナの高橋氏など有名な人類ばっかりでした。

日本国内で開催される夏場フェスは大体積なものを挙げれば最低でも4つあり、
多岐にわたる等級の作家が世界中から散々集まってしまう。
出席団員がそれぞれの夏場フェスの法則報道を紹介していましたが、
その中でも質感に残るのは「フジキー大会」でした。
これはちゃんと大体積なフェスと言っていいでしょう。

世界中から様々な作家が集まりますし、野放し豊かな新潟県の苗場スキー場
で開催される結果、ポイントのBGMを聴く以外でも川に行ったり大野放しを満喫したり
という、キャンプ感覚で喜べるのが美人だと思いました。
また、スコールに見舞われたりすることもあるそうで、結構自然の中でフェスを喜べる
って分かってグングン魅力を感じました。

とはいっても夏場フェスはスタミナ争いですよね。
没入症目論みをちゃんとしなくちゃいけないし、動きやすいコーデも考えて来ないといけません。
平年思いっ切り大勢の聴衆が集まることを考慮すると、毎日人込みを遠ざけるわたくしからすれば
エラいことをやるなと感心します。
普段から無理強いさんざん人の多い所に行かないので、夏場フェスに参加するとなれば
分の決意が必要だと考えます。

でも夏場フェスに関して温かくおっしゃる人達は面白くてかっこよかっただ。
凄い楽しんでいる人の相談って、聞いている間近もおかしいので人込みに慣れる為には
普段から神戸とか大阪に通うべきだと思いました。
甚だしくおもしろいアメトーークでした。