TVの視線個々行列のとれる掟対話事の、O弁護士が現在起こした事案を知って、思っていたより安いクオリティだったことが判り、ビックリが尾を引いていたのですが、O弁護士の前に行列のとれる掟対話事のレギュラーだったスペシャリスト奥さん弁護士のS君が凄くご立腹なのが意外に思えました。
O君のチャンネルへの出演自粛がいつまでかは知りませんが、とりあえずその間S君が代わりにチャンネルに復帰することになりO君の事案に関しても申し立てをしていたのですが、
同業だしフォローするのではないかと思っていたのですが、これは指導してやらんといかんと思ったのか、酷いのはOお前です!みたいな語調だったのではからずも引いてしまったと言うか、本当にとなると奥さんって血液も涙もないものなのかなとつい思ったりしました。
前々からS君はO君に対して大して素晴らしい模様を持っていなかったのではと言えるような元検事ならではのここぞとばかりの激しい申し立てのような気がしたのですが、はたして元検事のS君に睨まれてしまったO君はチャンネルへ復職できるのでしょうか。

昨日は、三陸地方の、とある場所に行ってきました。通りを行きかう人の姿も少ないようなところで、震災の影響もあり、それほど店舗などもなく、ちょっと寂しいような場所でした。ちょうど夕飯時だったので、そこで見かけた小さな小さなラーメン屋さんに入ったんです。
ラーメンとライスくらいしかメニューにないような店で、テーブル席が4つほどと、カウンター席のみ。小さなカラーボックスには乱雑に漫画が置かれていて、テレビでは時代劇が流れていました。

ほかにお客さんはありませんでした。だからそれほど期待してはいなかったんですが……。

運ばれてきたチャーシュー麺のおいしさにびっくりしました。麺は少しやわらかめ。しかしスープは、あっさりしていながらもコクがあり、乗せられたチャーシューはとてもジューシー。あっというまに完食してしまいました。

こんなふうにびっくりするような出会いがあるから、小さな店に入るのをやめられません。またいつか、あの店のチャーシューを食べに行きたいと思っています。